神奈川県立上鶴間高等学校[ホーム] 部活動トップ 

■演劇部

2018年度

★演劇部は6人の新入部員を加えて活性化しています。
 演劇連盟の行事にも積極的に参加しています。北相地区生徒実行委員会の副委員長にも部員の一人が選ばれました。また、北相地区の代表として、県大会・関東大会の運営を行う実行委員にもなりました。
 神奈川県内あちこちの演劇部有志の人たちと、発表会を盛り上げたりスムースに進行するための準備をしています。

●高校演劇サマーフェスティバル

◆8月16・17日 於:北千住のシアター1010
 運営に参加しました。生徒スタッフを務めたのは成蹊中学・高等学校(東京)、日本体育大学柏高等学校(千葉)、和光国際高等学校(埼玉)、上鶴間高等学校(神奈川)の4校です。
 この発表会は、競争では無いもう一つの関東大会です。今回は、神奈川県より参加の大船高等学校など、9校の発表が行われました。シアター1010は、駅に直結した新しくて豪華な劇場です。また、舞台スタッフとして日本工学院クリッジイターズカレッジで最先端の実践に取り組んでいる先生方と学生の皆さんに全面的な協力をしていただいております。これにより、観客の皆様にとても楽しんでいただける舞台が実現しています。

 今回、私たちは舞台用語で言われる、表方(おもてかた)の仕事をしました。朝一番にはパンフレットにアンケート用紙などを挟み込んで準備し、チケットの半券を切り取って入場者をチェックしたり、いろいろなお客様を客席にご案内したりしました。お客様をもてなす仕事は緊張が続いて、とても疲れましたが得難い経験が出来ました。仕事の合間には選抜校の舞台を観劇することが出来たのも大きな財産となります。関東で高校演劇に打ち込んでいる同世代の仲間たちに刺激をいただいて、これから自分たちの作品を作る原動力とすることができたら良いと思っています。


●合同合宿

 8月13日から、愛川ふれあいの村にて一泊二日で高校演劇連盟の合同合宿に参加しました。今回の参加校は海老名、湘南定時、菅、上鶴間、東海大相模、平塚湘風の6校です。劇団四季などでご活躍なさっている俳優の那須幸蔵先生にご指導をいただき、身体訓練の基礎から、指定台本による芝居作りに取り組みました。他校の生徒とチームを作って取り組む演技は新鮮な楽しさがありました。基礎力を向上して、夏休み明けの文化祭・10月の地区発表会に臨みます。


●高校演劇講習会

◆7月30日・31日 於:県立青少年センター
 毎年色々な講師をお招きして実施される講習会です。
 今回も県内各地から多くの参加者が参加しました。
 講習内容は年度により変わりますが、今回は演技・身体訓練の他にボーカルやダンスの講座が開講しました。
 上鶴間高校からも3名の部員が受講して実践的な練習法を学びました。


●夏祭りのステージに上がりました!(八坂神社 例大祭)

◆7月14日(土)
 上鶴間高校演劇部は地域での活動にも取り組んでいます。
 7月14日には八坂神社のお祭りに参加しました。今回は1年生が中心となって出し物を企画しました。学校図書館で見つけた「さるかに合戦」の紙芝居を台本として朗読劇を構成しました。子供たちの大好きなお話で、とても喜んでもらいました。目をキラキラさせて注目してくれるので、役者たちも楽しく発表することができました。演技の後は仔蟹の折り紙を配り、触れ合いの時間を持つことができました。


●北相地区演劇部交流会

◆6月17日(日) 於:神奈川総合産業高校
★素材劇を発表しました。北相地区に加盟する29校の演劇部が全校揃う交流会において、約一ケ月前に選出された上鶴間校と厚木高校・海老名高校の3校が別々の課題による素材劇の上演です。
 素材劇とは講義に先立っての演劇で、これを上演者・観客・講師で共有した上で講師の先生方に分析していただき、演劇をより良くするにはどんな方法があるか学びました。特に上鶴間高校の引き受けた課題は、今回の講師のうちのおひとりである大島寛史先生の執筆による台本です!「しらずのうちに」という短い台本で、少年とその口の中の「親知らず」が登場するシュールな世界観のうちに劇が展開します。
 台本が決まってから中間テスト期間と体育祭もあり、実質的な稽古は二週間はとれませんでした。唄の入る、ミュージカル仕立ての台本でもあり、分担して稽古しました。新入部員には、中学で音楽系の部活動をしていた者も多く協力して練習に励み難しい合唱曲をアカペラでうたいあげました。役者で参加した新入部員は、初めて台本を覚えることに苦しみました。しかし、限られた稽古日を計画的に使って演出を工夫し、無事に上演することができました。
 お客様には大いに笑っていただき、大成功!作者の先生にも演出の工夫をほめていただきました。演劇部の飛躍のために、とても意味のある上演になったと思います。



2017年度

●北相地区春季発表会

◆3月30日(金) 於:相模原市立青少年学習センター(JR矢部駅北口3分)
 今回は既成作品の中村勉著作による「クレタ島の謎」を、一部変更して上演しました。いくつかのバージョン違いのある台本なので、切り貼りの再構成と一部の変更を施し、部長による潤色台本として上演許可をいただきました。

 いままで取り組んできた台本より難易度が高く、公演できるレベルまで稽古するのが忙しかったですが、それがまた楽しくもありました。

 「優秀賞」をいただき、好評を得ることができました。今後は新入生を迎えて、さらなる活発な活動を計画しております。機会がありましたら、ぜひ御観覧をよろしくお願いします。


●北相地区演劇発表会

◆10月29日(日)11:20 相模原市立青少年学習センター(JR矢部駅北口3分)
★イソップ物語より「ぐらすほっぱぁ」で出場しました。

●文化祭

◆9月2日(土)11:00 / 13:00 3日(日)12:30
★「かぐや姫」を上演しました。