神奈川県立上鶴間高等学校 [ホーム]

■自然災害(低気圧等の通過)や交通機関不通等の際の対応について

 大雨、大雪、台風などによる自然災害や、低気圧・前線の通過に伴う急激な気象の変化、交通機関の不通、大幅な乱れ等の場合は、次のように対応することといたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

●1 自然災害や急激な気象の変化、交通機関の不通、大幅な乱れ等の際の対応

◆警報の有無に関わらず、

大雨(洪水)、暴風、雷、大雪などにより、ご自宅の周辺や通学経路が危険な状況と判断できる場合は自宅にて待機し、回復を待ってから登校してください。登校の際は、テレビやラジオ等で放送される最新の情報で安全を確認してから、無理をしないで来てください。

★自宅待機等をされる場合は、必ず保護者から学校へご連絡ください。この場合、遅刻扱いにはなりません。

◆通学経路の交通機関が不通、運転見合わせ、大幅な遅れ等の場合は、

駅に大勢の人が集中するなど危険な状況が考えられます。情報の収集に努め、安全を確認した上で、混雑を避け、無理をしないで登校してください。駅で遅延証明書が配られている場合は受け取り、担任に提出してください。この場合も遅刻扱いにはなりません。

★ただし、自宅で待機する場合は必ず保護者から学校へご連絡ください。

●2 補足

登校にあたっては、お住まいの地域の状況やお子様の体力などにもご配慮いただき、安全確保にご留意くださるようお願いします。登校中に雨風によってびしょ濡れになることも考えられますので、必要に応じて着替え(体育着)やタオルを持たせてください。

悪天候や交通機関の乱れに伴い、「臨時休校」等の措置をとる際は、その時々の気象状況や交通機関の状況などから総合的に判断することとしています。

一律に「警報」が2つ発令されているから「臨時休校」等の措置をとることはありませんのでご注意ください。なお、最近は局地的な気象の変化が激しく、地域による差も大きいので、常にテレビ、ラジオ等で放送される最新の情報を得て、警報が発令されていない場合でも、危険で登校できないと判断した場合には無理をせず自宅待機をしてください。その場合には必ず学校へご連絡ください。欠席や遅刻等の扱いについては配慮いたします。


[ホーム]